調剤薬局の業務内容

調剤薬局の業務内容

調剤薬局とは、医師と薬剤師、それぞれが、それぞれの立場における業務を分担する事で、より効率よく、その業務が行え、医療における質も向上するという事で、医師は、病院における治療、治療方針を考え、それをもとに薬剤師は、調剤薬局において、患者さん一人ひとりのための薬を調合するという形になりました。

調剤薬局における業務とは、やはり一番に患者さんのための薬の調合や、薬に伴う経過等を観察しながら、薬における副作用がないか、異常がないか等を確認していくところとなりますが、調剤薬局の仕事の流れ、業務内容の流れとは、患者さんが、医師、病院から渡された処方箋を頂き、処方箋を受付、内容に問題または、内容に重複がないか等をチェックします。

更に、お薬手帳を基に(薬歴)お薬における使用記録や患者さんの情報を把握し、必要に応じて医師への確認や問い合わせ等を行い、問題がない場合は、そのまま医師による処方箋に基づき、薬を調合します。 また、調合し、即、薬をお渡しするのではなく、最終チェックとして監査を行い、調合した薬と処方箋の記載内容を照らし合わせ、間違いのない事を再チェックして患者さんへ渡すという流れになります。

調剤薬局における業務とは、このような患者さんがもらう処方箋に基づいて、その患者さんのための薬を調合し、提供というのが、大まかな業務です。 その中で、患者さんのための薬における指導を行ったり、患者さんの薬が患者さんの体に影響を及ぼしていないか等をしっかりと確認し、患者さんがより安全に薬を服用し、より効果的な薬が作れるように薬剤師は、医師の指示、患者さんの状態を見ながら、医療に従事している場所、それが調剤薬局です。

また調剤薬局には、薬剤師だけが存在するわけでなく、医療事務という存在もあり、この場合、薬剤師の調剤補助をはじめとして、レセコン操作などを行います。 主に、調剤薬局へ事務員として就職する場合、事務のお仕事だけでなく、当然お客様との接客業務、薬剤師の仕事の補助、レセコン操作、発注入庫処理がメインとなります。

医療事務の仕事、調剤薬局での就職を検討される場合、事務という仕事ではなく、調剤補助は必ずあるものと心して考えておくべきですし、接客である患者さんへの応対もある事をきちんと把握し、就職などは検討すべきですね。 中には、医療事務の仕事、調剤薬局における事務の仕事を希望し就職をしたが、調剤補助の仕事もあるとは思わなかった等という方もおりますが、多くの場合、調剤補助も事務の仕事の中には含まれる事が多いのが現実です。

調剤薬局求人サイト【※人気の調剤薬局求人サイトランキング】

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>調剤薬局の薬剤師向けの人気転職サイト2位以下をチェック




▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 調剤薬局求人ランキング【※人気の調剤薬局求人サイトの紹介】 All Rights Reserved.