調剤薬局の志望動機

調剤薬局の志望動機

>調剤薬局の薬剤師の志望動機は?<

調剤薬局で働くための志望動機とは、どのようなものか?

調剤薬局で、就職を希望する方の志望動機は、多くが、『接客に対する自信がある』もしくは、『パソコン入力において的確かつ正確に処理できる』という方が、調剤薬局での就職を希望される事が比較的多いです。

やはり調剤薬局での仕事は、患者さんであるお客様に対しての応対も重要で、尚且つ薬におけるパソコン等の入力操作も必要とすることから、こうした仕事における自信がある方が主に、医療系の事務に就職したい、転職したいと考えておられます。

調剤薬局には、そもそも世代を問わず、様々な方が薬を求め、来られることとなりますから、当然、そこで働く事となる、薬剤師をはじめ、医療事務職員だとしても、人と話をする事、接する事が得意」ということだけでなく、好きな方ではいけませんし、好きな方は、よりそうした調剤薬局での仕事がむいている方という事がいえます。

逆に、人と話すのが苦手という方や、少し淋しい印象を与えるような方は、病気により薬を求めて、調剤薬局へ来られる事となりますから、病気の方を元気にさせてあげるという意味では、向いていないといえるかもしれません。

調剤薬局の目的は、患者さんのために医師の処方に基づき薬を調合し、服薬指導または相談を通し、お薬を提供するというところになりますが、やはり、そこに存在する薬剤師、ほか従業員は、体調を崩されている方のためにも明るく、テキパキと仕事をする方が望ましいところでもあります。 つまり、調剤薬局で就職したいという方を雇う側である、調剤薬局は、明るく、人と関わる、「接するのが好きというような方を採用する」ことになります。

このように、調剤薬局における、接客等に自信がある方は、調剤薬局での就職を検討する場合、履歴書にその志望動機が必要となるわけですが、その志望動機には、『接客における自信的要素』その仕事に対する興味、『人の役に立つ仕事がしたい』という気持ちをアピールできるものが理想です。

例えば、『医療における仕事に興味があり、調剤事務(仮に)という立場から、患者さんのお役にたてる仕事がしたい』というような志望動機、または、接客という仕事に携わり、その経験を生かすべく、調剤薬局への就職を考える場合は、『接客の経験を活かし、患者様、先生のお力になれたらと思い志望しました』というような志望動機が理想です。

薬剤師の資格を持たない方も医療事務の仕事を通し、調剤薬局の仕事を希望する方も多く、その場合は、やはり接客という仕事が好きで、尚且つ、薬剤師(先生)や患者さんの役に立ちたいというアピールのできる志望動機が理想です。

調剤薬局求人サイト【※人気の調剤薬局求人サイトランキング】

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>調剤薬局の薬剤師向けの人気転職サイト2位以下をチェック




▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 調剤薬局求人ランキング【※人気の調剤薬局求人サイトの紹介】 All Rights Reserved.