調剤薬局とは

調剤薬局とは

調剤薬局とは、病院からもらう、処方箋を渡し、薬をもらうところ。

今では、当然のことになり、定着している事ですが、少し前では、薬は病院にて、頂く形だったのが、薬を調合し、服薬指導等をしてくれるのは、薬剤師に代わり、薬剤師の存在する調剤薬局で、薬をもらうようなりました。

調剤薬局とは、そもそも、医師の処方箋に基づき、薬剤師が薬を調合して患者さんへお渡しするところ。 またそこでは、単に薬を渡すだけでなく、患者さんが、より安全に、また安心して服用できるよう、お薬の飲み方を説明することはもちろん、相談を受ける、その相談に応じるという事を行います。

つまり調剤薬局は、みなさんが、病院で出される、病気に基づいた薬の処方箋に応じ、薬剤師が、患者さん一人ひとりに対しての適切なお薬を調合し、患者さんが、疑問なく飲めるように、どのような薬が出されているか、また何に効果があるものなのか、ということを患者さんの症状、薬に応じ説明してくれるところといえるでしょう。

この仕組みは、以前はなく、病院にかかると、どんな病気でも病院で薬が出されていましたが、厚生労働省が進める、『医薬分業』というものにあたります。 この仕組みにおける目的は、そもそも医師と薬剤師、それぞれの立場の者が、専門的分野で業務を分担することで、より安全かつ効果的な薬物療法が出来るという事を目的として、進められたものとなります。

医師は、医師の仕事に従事し、薬剤師は、薬剤師の仕事に従事する、こうすることで、より安全な薬物療法が行える事から、こうした病院は、治療を受ける、治療における方針を決める、またそれに基づいた治療薬を決めるのが病院であり、それに基づき、薬剤師は、患者さん一人ひとりに適切かつ正確なお薬を作る、また、薬手帳を作成し、患者さんの状態をチェックし、薬による、副作用はないか等を、お薬手帳を見ながら、調剤薬局にて判断しています。

こうした、各分野の専門家が、それぞれの仕事を分担し行う事が、より安全で効果的、薬物療法ができています。 つまり、病気に関する薬は、現在はすべて調剤薬局により受け取る、ということになりますから、多くの方は、自分なりの『かかりつけ』を特定し、お薬は、その薬局で頂くという形をとっています。

また、そうすることで、お薬手帳に基づき、調剤薬局に存在する薬剤師が患者さんの薬による変化、異常はないか等を正確に判断する事も出来、より『安全かつ効果的な薬物療法ができる』ということになるのです。

調剤薬局求人サイト【※人気の調剤薬局求人サイトランキング】

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>調剤薬局の薬剤師向けの人気転職サイト2位以下をチェック




▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 調剤薬局求人ランキング【※人気の調剤薬局求人サイトの紹介】 All Rights Reserved.